株を基礎から学ぼう|学校で教わるから心配無用

お金の流れがわかるゲーム

紙幣

ゲームで金銭感覚がわかる

キャッシュフローゲームというのは世界的に大ヒットしているボードゲームです。かつて「金持ち父さん貧乏父さん」という本が話題になったのですが、それを書いたロバート・キヨサキ氏が開発したゲームです。キャッシュフローゲームというのは1種の人生ゲームで、ゲームをしながら貸借対照表や損益計算書などの読み方が学べるようになっています。経済のことや世の中のお金の流れについてよくわからない人は、このキャッシュフローゲームをすることによって身につけることができます。例えば家計簿の管理などが不得意な人でも、このゲームをすることで管理がしっかりできるようになります。キャッシュフローゲームはゲームに参加する人の工夫次第で、金銭感覚を身につけることができるのです。

富裕層へのチャンスを掴む

今の経済状況は世界的にみても、ほんの一部の勝ち組と多勢の負け組という二極化の傾向にあります。この傾向は今後もますます強まって、富めるものはより豊かに、持たざるものはより貧しくなっていきます。キャッシュフローゲームをすると、ゲームを楽しみながらいかにして貧困層から抜け出して富裕層への階段を上るかという基礎力を身につけることができます。フィナンシャル・インテリジェンスの基礎が身につくのです。具体的には会計力、投資力、市場の理解力などです。会計力というのは数字を読む力で、投資力は戦略を立てる力、市場の理解力はチャンスを掴む力のことです。この3つは実際に富を形成していく上で欠かせない基本ノウハウです。これらのノウハウがキャッシュフローゲームを通して理解でき、今後も厳しくなる経済状況を生き抜く糧となるのです。